BIMクイックドロー

概要

クイックドローツールを使用すると、コンセプトモデリングを簡単に開始できます。また、BIMデータも自動的に追加されます。クイックドローツールを使用して、部屋または建物全体を作成できます。一度使用すると、明示的にコマンドを終了するか、他のコマンドが実行されるまでクイックドローは有効になります。


このコマンドの詳細については、コマンドリファレンスの記事『BIMQUICKDRAW』をご参照ください。

自動吸着するスナップ機能

マグネットスナップ機能を使うど、クイックドローのカーソルの位置を簡単に合わせることができます。コマンドがアクティブになったら、カーソルを整列させたいオブジェクトに近づけます。クイックドローのカーソルは、自動的にオブジェクトにスナップします。

次のオプションがあります。

1.原点に合わせる


2.既存の壁に合わせる


壁の延長線上


3.ラインに合わせる グリッド線


Note: クイックドローを使用して階をコピーする場合、通芯が 1 階のスラブと壁の同じ空間位置に割り当てられている場合にのみ、通芯がコピーされます。そうでない場合は、地上スラブの境界にあるグリッドラインが最上階のスラブに投影されます。これはあくまでも視覚的な助けです。最上階のスラブに描かれたグリッドラインは、QUICKDRAWのコマンドを終了すると消えます。
X列/Y列整列ラインとラインセグメント




平行線


BIMクイックドローパネル

コマンドを起動すると[BIMクイックドロー] コマンドパネルが開きます。必要な値を直接入力するか、フィールドの矢印を使用して、部屋の寸法を設定できます。自動適用サイズオプションにチェックを入れて、近くの部屋の寸法を採用することもできます。

手順:L形の家の作成

  1. クワッドカーソルが「選択なし」の状態(何もハイライトされていない、選択されていない状態)の時に、モデルタブからクイックドローを選択し、リボンのクイックドローアイコンをクリックするか、コマンドラインにBIMQUICKDRAWと入力します。
    プロンプト表示:最初のポイントを選択します。
    Note: Bimクイックドローコマンドパネルを使用して、部屋の壁の幅、壁の高さ、スラブの厚さを変更した後、建物の最初のコーナーを指定します。
  2. 作図領域内の任意の点を選択して、最初のコーナーを設定します。
    Note: 原点からスタートするには、クイックドローのマグネテットスナップ機能を使います。
  3. カーソルをドラッグして建物のフットプリントを定義します。
    Note: ダイナミック寸法 (DYN)オプションがオンの場合、部屋の幅(1)と長さ(2)の現在の値がダイナミック入力フィールドに表示されます。


    ダイナミック寸法の欄には、部屋の幅と長さの値を指定します。Tabで幅と長さを切り替えてEnterを押すか、自由にクリックしてください。EnterまたはEscapeを押してQUICKDRAWコマンドを終了するか、続けてさらに部屋を作成することができます。

  4. クイックドローのカーソルを既存の建物の中に入れて、部屋を増やします。

    既存の建物の中にクイックドローカーソルを置くと、ダイナミック入力フィールドにはクイックドローのカーソルから隣の壁までの距離が表示されます。(3、4、5、6)

    [サイズ自動採用]オプションをオンにすると、新しい部屋の壁の寸法はスナップする壁と同じになります。この動作をしないようにするには、コマンドパネルでこのオプションのチェックを外してください。


    カーソルが既存の壁にスナップされている場合、カーソルの見た目が調整されて表示されます。



    実際に新しい壁を描いて部屋を増やすには、既存の壁からの距離を指定して視点の指示をします。カーソルを移動し、ダイナミック入力フィールドに値を入力して、指示します。手順2、3と同じ方法で壁を描きます。

  5. 既存の部屋から壁の一部を削除するには、まずクイックドローのカーソルを建物の内側に置き、既存の壁にスナップさせます。そこでクリックして、建物の外側にカーソルを移動します。
    削除される外壁部分が赤色(9)に変わります。
    Note: 建物の外側から既存の壁にカーソルを合わせてクリックして、建物の内側にカーソルを移動することで、床スラブを削除しながらレイアウト変更することができます。
  6. 2番目の点を選択します。赤色にハイライトされた壁が削除され、L字型の部屋が作成されます。


手順:階層と屋根を作成

同じような構成で始めてみましょう。


以下の手順で、階を2つ、浮いた部分、平面屋根を追加作成します。
  1. クワッドカーソルが「選択なし」の状態(何もハイライトされていない、選択されていない状態)のときに、モデルタブのクイックドローを選択するか、コマンドラインにBIMQUICKDRAWと入力します。
  2. アイコンをクリックすると()、オプションが表示されます。
    • 最上階をすべてコピーします。すべての機能がコピーされます。(窓、ドア、内壁、家具、1階の外壁のドアを除く)
    • スラブと最上階の外壁をコピーします。
    • 建物を平らな屋根で仕上げます。
  3. 最初の階では、最初のオプション(すべてコピー)を選択します。


    Note: 内装壁と内装ドア、外装壁の窓がコピーされます。1階の外壁にあるドアはコピーされていません。
    Note: この場合、家具は1階に割り当てられていないので、コピーされません。(プロパティパネルを参照)家具をコピーしたい場合は、BIMIFYを使って家具を空間的な位置に割り当てます。新しい家具は、自動的に新しい空間の位置に割り当てられます。
    Note: 壁は、その上に作られたスラブの空間的な位置を継承します。
  4. 手順2を繰り返します。2番目のオプション(スラブと外壁をコピー)を選択して、最上階を作成します。


  5. 張り出しを作るためには、2階の外壁の一部を取り除く必要があります。まず、建物の内側にある2つの外壁の角にクイックドローカーソルを合わせます。次に、カーソルをクリックして外側にドラッグします。
    外側の壁が赤くなるのは、壁が取り除かれることを示しています。




  6. 手順2と同じ方法で、オプション3(平らな屋根で建物を仕上げる)を選択します。


2Dレイアウト図を使ったクイックドローの使い方

  1. シンプルな長方形やL字型の建物の平面図を開きます。


    Note: また、(POLY)LINEコマンドで簡単な2Dの平面図を作図してからスタートすることも可能です。この場合、BIMQUICKDRAWコマンドのデフォルトの壁厚が使用されます。
    Note: クイックドローカーソルで、外部参照内の(2重)線へのスナップがサポートされるようになりました。
  2. カーソルが何も選択していない状態で右クリックしてクワッドを起動し、モデルタブでクイックドローを選択するか、リボンのクイックドローアイコンをクリックするか、コマンドラインに「BIMQUICKDRAW」と入力してクリックドローを起動します。
  3. 任意の外壁の線分にカーソルを合わせます。


    Note: 壁の厚みは、2D図面に描かれた平行な線分の距離に合わせて自動的に調整されます。
    Note: (読み込まれた)2Dフロアプランのラインが最適でない場合(例えばXYアライメントではないなど)、クイックドローカーソルは(XYアライメントが完全であるため)スナップしません。その場合、Optimizeコマンドを使用して、すべての2Dラインが正確にXまたはY方向に整列するようにします。
  4. 自動吸着するスナップ機能を使用して、2D図面の線分から外壁のモデルを作成します。


  5. カーソルを内壁に近づけて、自動吸着するスナップ機能を使って2D図面の線分にスナップさせます。


    Note: 壁の厚みは、2D図面に描かれた平行な線分の距離に合わせて自動的に調整されます。
  6. このように2D平面図から3Dモデルを作成することができます。


    Note: 手順2、6と同じ方法で、床を追加したり、平屋根に仕上げることができます。