SECTIONPLANESETTINGS [断面設定]

BricsCAD Lite; BricsCAD Pro; BricsCAD Mechanical; BricsCAD BIM

アイコン:

説明

断面平面カテゴリが選択された状態で図面エクスプローラダイアログボックスを開きます。

使用方法

図面エクスプローラダイアログボックスで断面図カテゴリを開き、カレント図面で断面図を表示・修正します。

Note: 使用できるオプションは、編集のため選択する断面の種類によって異なります。

コマンドオプション

断面種類
2D断面/立面ブロック作成の設定
2D断面や立面のプロパティを指定します。これらのプロパティは、ブロックとして作成する2D断面に割り当てられます。
3D断面ブロック作成の設定
3D断面のプロパティを指定します。これらのプロパティは、ブロックとして作成する3D断面に割り当てられます。
ライブ断面設定
ライブ断面のプロパティを指定します。ライブ断面では図面上の図形が一時的に変更され、図面に反映されます。
クリップ表示設定
クリップ表示ステータスを使用すると、図形の表示がクリップされます。このステータスは複数の断面図形に対して同時に設定することができます。
対象先
結果ファイル
断面の保存先ファイルを指定します。
交差境界
交差境界の色を定義します。ドロップリストから色を選択するか、「色を選択」を選択すると、ダイアログボックスが表示されます。
画層

交差境界の画層を指定します。以下の中から選択できます。

  • 図面で使用可能な画層

  • *図形画層*_断面境界:切断面内の図形の画層のプロパティは維持されますが、これらの画層のコピーが作成されます。

    Note: 指定されている他のプロパティは上書きされます。
  • 新しい画層名の設定:オプションは、新しい画層名ダイアログボックスを開きます。ここでは、上記のオプションの名前設定を編集できます。記事「新規画層名ダイアログボックス」を参照してください。

線種

交差境界の線種を指定します。以下の中から選択できます。

  • 図面で使用可能な線種
  • 新しい線種をロードします。線種をロードダイアログボックスが開き、新しい線種を選択して図面にロードできます。
線種尺度
交差境界の線種尺度を指定します。
印刷スタイル
交差境界の印刷スタイルを指定します。
線の太さ
交差境界の線の太さを指定します。
分割線(2D断面で選択可能なオプション)
交差境界の分割線を作図するかどうかを指定します。
表示(3D断面で選択可能なオプション)

交差境界を作図するかどうかを指定します。

  • はい:交差境界が表示されます。交差境界は青色で示されます。
  • いいえ:交差境界は表示されません。
    Note: 交差部の塗り潰しにも線が描かれるので、交差境界はまだ見えています。交差境界ではなく、交差部の塗り潰しによって色が決まります。
交差塗り潰し
表示
交差部の塗り潰しを表示するかどうかを指定します。
  • はい:切断形状をハッチングによって表示します。

  • いいえ:切断形状にハッチングを作図しません。

面ハッチング
断面を塗りつぶすために使用するハッチング パターンを指定します。ハッチングパターンの種類ダイアログボックスが開き、ハッチングパターンを選択できます。
角度寸法
ハッチングパターンの角度を指定します。
ハッチング尺度
ハッチングパターンの尺度を指定します。
ハッチング間隔
ハッチング間隔を指定します。
ハッチングの色を指定します。ドロップリストから色を選択するか、「色を選択」を選択すると、ダイアログボックスが表示されます。
画層

交差境界の画層を指定します。以下の中から選択できます。

  • 図面で使用可能な画層

  • *図形画層*_断面境界:切断面内の図形の画層のプロパティは維持されますが、これらの画層のコピーが作成されます。

    Note: 指定されている他のプロパティは上書きされます。
  • 新しい画層名の設定:オプションは、新しい画層名ダイアログボックスを開きます。ここでは、上記のオプションの名前設定を編集できます。

線種

交差境界の線種を指定します。以下の中から選択できます。

  • 図面で使用可能な線種
  • 新しい線種をロードします。線種をロードダイアログボックスが開き、新しい線種を選択して図面にロードできます。
線種尺度
ハッチングパターンの線種尺度を指定します。
印刷スタイル
ハッチングパターンの印刷スタイルを指定します。
線の太さ
ハッチングパターンの線の太さを指定します。
背景ライン
表示

背景ラインを作図するかどうかを指定します。これは断面の裏側にある切断されていない形状を示す線です。

  • はい:背景ラインを表示します
  • いいえ:背景ラインを表示しません
背景線の色を指定します。ドロップリストから色を選択するか、「色を選択」を選択すると、 ダイアログボックスが表示されます。
画層

背景ラインの画層を指定します。以下の中から選択できます。

  • 図面で使用可能な画層

  • *図形画層*_断面境界:切断面内の図形の画層のプロパティは維持されますが、これらの画層のコピーが作成されます。

    Note: 指定されている他のプロパティは上書きされます。
  • 新しい画層名の設定:オプションは、新しい画層名ダイアログボックスを開きます。ここでは、上記のオプションの名前設定を編集できます。

線種

背景ラインの線種を指定します。以下の中から選択できます。

  • 図面で使用可能な線種
  • 新しい線種をロードします。線種をロードダイアログボックスが開き、新しい線種を選択して図面にロードできます。
線種尺度
背景ラインの線種尺度を指定します。
印刷スタイル
背景ラインの印刷スタイルを指定します。
線の太さ
背景ラインの線の太さを指定します。
隠線
表示

陰線を作図するかどうかを指定します。

  • はい:隠線を表示します。
  • いいえ:隠線を表示しません。
隠線の色を指定します。ドロップリストから色を選択するか、「色を選択」を選択すると、ダイアログボックスが表示されます。
画層

隠線の画層を指定します。以下の中から選択できます。

  • 図面で使用可能な画層

  • *図形画層*_断面境界:切断面内の図形の画層のプロパティは維持されますが、これらの画層のコピーが作成されます。

    Note: 指定されている他のプロパティは上書きされます。
  • 新しい画層名の設定:オプションは、新しい画層名ダイアログボックスを開きます。ここでは、上記のオプションの名前設定を編集できます。

線種

隠線の線種を指定します。以下の中から選択できます。

  • 図面で使用可能な線種
  • 新しい線種をロードします。線種をロードダイアログボックスが開き、新しい線種を選択して図面にロードできます。
線種尺度
隠線の線種尺度を指定します。
印刷スタイル
隠線の印刷スタイルを指定します。
線の太さ
隠線の線の太さを指定します。
一部を切り取った形状
表示

一部を切り取った形状の断面線を表示するかどうかを指定します。

  • はい:一部を切り取った形状を表示します。

    2D断面の一部を切り取った形状。

    3D断面の一部を切り取った形状。

    ライブ断面の一部を切り取った形状。

  • いいえ:一部を切り取った形状線を表示しません。

    2D断面の一部を切り取った形状は表示されません。

    3D断面の一部を切り取った形状は表示されません。

    ライブ断面の一部を切り取った形状は表示されません。

隠線
一部を切り取った形状の隠線を表示するかどうかを指定します。
一部を切り取った形状(線)の色を指定します。ドロップリストから色を選択するか、「色を選択」を選択すると、ダイアログボックスが表示されます。
画層

一部を切り取った形状の画層を指定します。以下の中から選択できます。

  • 図面で使用可能な画層

  • *図形画層*_断面境界:切断面内の図形の画層のプロパティは維持されますが、これらの画層のコピーが作成されます。

    Note: 指定されている他のプロパティは上書きされます。
  • 新しい画層名の設定:オプションは、新しい画層名ダイアログボックスを開きます。ここでは、上記のオプションの名前設定を編集できます。

線種

一部を切り取った形状の線種を指定します。以下の中から選択できます。

  • 図面で使用可能な線種
  • 新しい線種をロードします。線種をロードダイアログボックスが開き、新しい線種を選択して図面にロードできます。
線種尺度
一部を切り取った形状線の線種尺度を指定します。
印刷スタイル
一部を切り取った形状線の印刷スタイルを指定します。
線の太さ
一部を切り取った形状線の線の太さを指定します。
曲線に接するライン
表示
曲線の接線を作図するかどうかを指定します。
曲線の接線の色を指定します。ドロップリストから色を選択するか、「色を選択」を選択すると、ダイアログボックスが表示されます。
画層

曲線の接線の画層を指定します。以下の中から選択できます。

  • 図面で使用可能な画層

  • *図形画層*_断面境界:切断面内の図形の画層のプロパティは維持されますが、これらの画層のコピーが作成されます。

    Note: 指定されている他のプロパティは上書きされます。
  • 新しい画層名の設定:オプションは、新しい画層名ダイアログボックスを開きます。ここでは、上記のオプションの名前設定を編集できます。

線種

曲線の接線の線種を指定します。以下の中から選択できます。

  • 図面で使用可能な線種
  • 新しい線種をロードします。線種をロードダイアログボックスが開き、新しい線種を選択して図面にロードできます。
線種尺度
曲線の接線の線種尺度を指定します。
印刷スタイル
曲線の接線の印刷スタイルを指定します。
線の太さ
曲線の接線の線の太さを指定します。

コンテキストメニューオプション

新規
図面に新しい切断面の定義を作成します。詳細については、SECTIONPLANEコマンドをご参照ください。
削除
図面から切断面を削除します。
名前を変更
選択した切断面の名前を変更します。
すべて選択
切断面の定義をすべて選択します。
選択を反転
カレントの選択を解除し、選択を反転させます。