-BMHARDWARE [メカニカルブラウザライブラリ]

標準のハードウェア部品をメカニカルコンポーネントとしてカレント図面に挿入します。

BricsCAD Mechanical

使用方法

このコマンドは、コマンドラインのオプションによってのみ実行できます。

Note: カレント図面のメカニカル構造を初期化するには、BmMechコマンドを実行します。
Note: このコマンドは廃止され、非パラメトリックな標準ハードウェア部品を作成します。パラメトリック標準ハードウェアを挿入するには、ライブラリパネルを使用します。このパネルには、パラメトリックな標準メカニカルコンポーネントが含まれています。

コマンドオプション

パラメトリック
パラメトリックな標準部品の作成を有効化または無効化できるようにします。
カスタムを作成
準備された表からカスタム標準部品を作成できます。作成した .txtファイル(または複数のファイル)を選択できる[構成表を選択してください]ダイアログボックスを開きます。
挿入図形を編集
選択した挿入図形のパラメータを編集します。
スマート挿入
配管標準部品と既存の配管標準部品との間に適切な3D拘束を作成し、既存の挿入部品のパラメータ表記を新しい部品にコピーすることで配管標準部品を自動的に接続することができます。
コンポーネント回転
回転角度を数値で指定します。
基点をセット
新しい挿入基点を指定します。
名前
名前を入力して挿入図形の名前を変更します。
挿入種類
挿入の種類を指定します。
ローカル
部品をローカルに挿入します。
外側
部品を外部参照として挿入します。
反転
選択した挿入図形をソリッドの反対側の面に挿入します。
連続
複数のコピー挿入を行えます。複数の挿入基点を入力します。
配列複写
コンポーネントの自動調整配列を作成します。
ターゲットの3dソリッドを変更
新しいセットのターゲットソリッドを選択できます。現在のコンポーネントに基づくフィーチャーがすべて削除され、選択したソリッドに新しいフィーチャーが作成されます。
クリア
既存のコンポーネントに基づくフィーチャーを、そのジオメトリと共に削除します。BMUNLINKコマンドを参照してください。
影響を受けるすべての3dソリッドを選択
自動的にソリッドを選択します。BC_SUBTRACT画層のソリッドまたはBC_UNITEのいずれかの画層にソリッドが接触または交差すると、そのソリッドが選択されます。