BricsCADでのIFCの読み込みと書き出し

IFCについて

Industry Foundation Classes(IFC)データモデルは、建築・建設業界の情報を記述するために設計されています。IFCはプラットフォームに依存しないオープンフォーマットのファイルタイプです。IFCは異なるBIMソフトウェアプラットフォーム間の相互運用性を提供します。

BricsCAD BIMは、読み込み/書き出しでIFC2x3とIFC4をサポートしています。BricsCADのBIMは、IFC 2X3 coordination view 2.0の認定を受けています。IFC規格には、パラメトリック形状と非パラメトリック形状の両方、材料定義、BIMファイル内のメタデータ、プロパティセット(PSets)が含まれています。

BricsCADからIFCファイルを書き出すと、プロパティはIfcPropertySetとして書き出されます。これらのプロパティセットには、共通のIFCプロパティが含まれています。また、ユーザーが定義したプロパティセットも書き出すことができます。

さまざまなIFC準拠ソフトウェアアプリケーションから書き出されたメカニカルシステムレイアウト、構造モデル、建築モデルをBricsCAD BIMに読み込むことができます。
IFC2x3 vs IFC4
IFC4はIFC2x3の高度なスキーマです。IFC2x3の特定の制限を克服し、拡張されたものです。ジオメトリやデータの改善、新規および変更されたモデルビュー定義があります。ジオメトリックの改善では、パラメトリックのサポートが強化され、メッシュの処理がより効率的になり、テクスチャや照明設定などを追加する方法も改善されました。プロパティセットの数を増やすことで、IFCデータモデルの完成度を高め、より詳細な情報を得ることができます。IFC4では、コーディネーションビューの代わりに、IFC4リファレンスビューとIFC4デザイントランスファービューという2つの公式モデルビュー定義に置き換えられました。

IFCの読み込みと書き出しの設定

設定ダイアログボックスでのIFCの読み込み/書き出しを設定します:

変数 説明
IfcImportSpaces

IfcSpace図形のBIM空間として読み込みを有効/無効にします。

有効にすると、IfcSpace図形がBIM空間図形として読み込まれます。

デフォルトではこの設定は有効になっています。

IfcImportBIMData

異なるBIMプラットフォームからBricsCAD BIMへのBIMデータの読み込みを有効/無効にします。

デフォルトではこの設定は有効になっています。

IfcImportmodelOrigin

読み込んだモデルの挿入点を制御します。

0:BricsCADWCSはIFCグローバル座標系に一致します。

1:BricsCADWCSはIFCプロジェクトの位置に一致します。(デフォルト)

2:BricsCAD WCSはIFCサイトの位置と一致します。

IfcImportParametricComponents パラメトリックコンポーネントとしての窓とドアの読み込みを有効/無効にします。
IfcImportProjectStructureAsXrefs 個別の外部参照図面としてのIFCプロジェクト構造の読み込みを有効/無効にします。この設定を有効にすると、図面ファイルは外部参照として作成されます。これらのファイルは、IFCプロジェクト構造の各建物と各階に対応しています。
IfcImportBrepGeometryAsMeshes

メッシュとしてのBREPジオメトリの読み込みを有効/無効にします。

この設定を有効にすると、図面内のBREPがメッシュに変換されます。この設定を有効にすると、BricsCADがすべてのジオメトリをソリッドに変換するのを防ぎます。これにより、モデルの読み込み時間が大幅に短縮されます。

IfcImportUseSubDMesh 面の数に制限がなく、ポリフェイスメッシュの読み込みを有効にします。
IfcMatchImportedProfilesGeometrically 読み込み中、プロファイルはそれらのジオメトリに基づいてプロジェクトおよびセントラルデータベースと連続して比較されます。一致する場合は、読み込まれたパラメータの代わりにプロジェクト/セントラルデータベースで定義されたパラメータが使用されます。
IfcImportMappingPath 読み込みマッピングファイルパスを指定できます。IFCファイルのマッピングを読み込み/書出しをご覧ください。
IfcExportBaseQuantities

BIM要素の基本数量から派生した書き出しを有効/無効にします。

この設定を有効にすると、各BIM要素の計算された量(長さ、厚さ、高さなど)がIFCに書き出されます。

IfcExportElementsOnOffAndFrozenLayer

非表示およびフリーズ画層にあるBIM要素の書き出しを有効/無効にします。

デフォルトではこの設定は有効になっています。

IfcExplodeExternalReferences

IFC空間構造で分解された外部参照を有効/無効にします。

この設定を有効にすると、各外部参照はプロジェクトの空間構造に基づいて要素(IfcSiteやIfcBuildingなど)に分割されます。

Important: この設定を有効にして書き出しを実行する前に、BIMCLASSIFYコマンドを使用して、外部参照をBIM外部参照に分類します。それ以外の場合、結果は外部参照ごとのブロックになります。
IfcTesselateBSplineCurvesAndSurfaces BSpline曲線やサーフェスをテッセレーションするかどうかを制御します。
IfcExportSweptSolidsAsBRep 境界表現(BRep)を使用して、すべての押し出し、回転、スイープされた3Dソリッドをクリッピングおよび減算して書き出しできます。
IfcExportProfileCenterOfGravity

IFC2x3のみに対応します。

重心を書き出すと、特定のIFCビューアーで線形ソリッドの位置が正しくなくなる可能性があります。

重心がIFC4以上で書き出されることはありません。

IfcExportMappingPath 書き出しマッピングファイルのパスを指定できます。IFCファイルのマッピングを読み込み/書出しをご覧ください。
IfcExportMultiPlyElementsAsAggregated

集約された図形としてのマルチプライ構成の建物要素の書き出しを有効/無効にします。

この設定を有効にすると、建築要素(壁や柱など)に属する各プライの材料は、個別に計算されて書き出しされます。

この設定はプライ要素の数量と値の定義を書き出しするために使用できます。

IfcExportTesselation

書き出しされたジオメトリのテッセレーションのレベルを制御します。

現在のファセッティングオプションを選択すると、FacetResやモデラーのプロパティで設定されたファセットが使用されます。

ファセットの再生オプションのを選択します。これによりプロセスが長くなります。

IfcCreateUniqueGuid 入れ子になった要素のユニークなGUIDを生成するかどうかを定義します。1:分類されたブロック内のユニークなGUID、2:分類された外部参照内、3:分類されたブロック内と外部参照内の両方を有効にします。
IfcExportAuthor IFCファイルヘッダーでの作成者名の書き出しを有効/無効にします。
IfcExportOrganization IFCファイルヘッダーで組織名の書き出しの有効/無効を指定します。
IfcExportAuthorization IFCファイルヘッダーで作成者名の書き出しの有効/無効を指定します。

BricsCADでのIFCファイルの読み込み

  1. IFCファイルをプロジェクトに読み込むには、コマンドラインにImportと入力します。読み込みファイルダイアログボックスが表示されます。
  2. ファイルの種類ドロップダウンリストから.ifcファイル形式(1)を選択し、読み込むIFCモデルを選択します。
  3. 開くをクリックしてIFCモデルを読み込みます。
    Note: すべてのIFC2x3、IFC4、およびIFC4x1ファイルが読み込み可能です。IFCファイルが読み込まれると、読み込まれたファイルのデータはBricsCAD構造と統合され、すぐに操作することができます。読み込まれたデータにカスタムプロパティが含まれている場合、これらのプロパティセットが利用可能になります。
    カスタムプロパティセットとプロパティをBricsCAD BIMで直接作成し、それらを読み込みされた図形に関連付けることができます。
  4. (オプション)設定ダイアログのBIMセクションを使用して、IFC読み込み設定を変更します。IFCの読み込みと書き出しの設定をご覧ください。

BricsCADでのIFCファイルの書き出し

  1. プロジェクト内のIFCファイルを書き出すには、BricsCADアイコンをクリックして、書き出しを選択し、IFC書き出しを選択します。モデル全体オプションを選択します。IFCファイル名ダイアログボックスが表示されます。
  2. ファイルの種類リスト内で保存したい.ifcファイル形式を選択し、IFCモデルを保存します。オプションは、IFC2x3、IFC4 、IFC4x1です。
  3. IFCモデルを書き出すには保存をクリックします。
    書き出されたBIMモデルはIFC2X3、IFC4、またはIFC4x1ファイルとして保存され、IFC認定アプリケーションで使用できるようになります。
  4. (オプション)設定ダイアログのBIMセクションを使用して、IFCの書き出し設定を変更します。IFCの読み込みと書き出しの設定をご覧ください。

選択した図形のみIFCファイルを書き出す

  1. プロジェクトでIFCモデルを部分的に書き出すには、コマンドラインでIFCEXPORTと入力するか、リボンのホームIFC書き出しアイコンを押します。
    プロンプト表示:書き出す図形を選択 [モデル全体 (E)/選択オプション (?)] <モデル全体>:
  2. IFCとして書き出す図形をモデル空間で選択し、Enterを押します。
    IFCファイル名ダイアログボックスが表示されます。
  3. IFCファイルの名前を入力して、書き出すIFC形式(IFC2x3またはIFC4またはIFC4x1)を選択し、保存ボタンをクリックします。選択された図形がIFCに書き出されます。

外部参照としてIFCプロジェクトを読み込み

  1. 設定画面を開きます。(コマンドラインにSETTINGSと入力するか、リボン > 設定を選択します)
  2. BIM > 読み込みと書き出し > IFCに移動します。
  3. IFCプロジェクト構造を外部参照として読み込み(4)にチェックを入れます。
  4. コマンドラインにIMPORTと入力します。開きたい .ifc ファイルを指定して [開く[をクリックします。
    図面は各建物の各階に対して作成された外部参照で開きます。これにより大きなファイルを小さなBricsCADファイルに簡単に分割できます。

分解された外部参照でBricsCAD BIMプロジェクトを書き出す

  1. 外部参照をBIM外部参照に分類するには、BIMCLASSIFYコマンドを使用します。
    Important: この手順を実行しない場合、外部参照は外部参照の一部である個別の図形ではなく、ブロックとして書き出しされます。
  2. 設定画面を開きます。(コマンドラインにSETTINGSと入力するか、メニューの設定 > 設定を選択します)
  3. BIM > 読み込みと書き出し > IFCに移動します。
  4. IFC空間構造内の外部参照を分解(5)にチェックを入れます。
  5. BricsCADアイコンをクリックし、書き出しを選択します。IFC2x3またはIFC4を選択し、書き出した図面の名前を指定して保存をクリックします。書き出された図面では、すべての外部参照要素が1つのサイトと1つの建物に統合されています。

IFCプロパティを使用

  1. 次のいずれかの方法を使用して、BIMプロパティダイアログボックスを開きます。
    • リボンで、ホーム > 分類 > 空間的位置 > プロパティ管理(6)に移動します。BIMプロパティが表示されます。
    • コマンドラインにBIMPROPERTIESと入力します
  2. [名前空間]ドロップダウンメニュー(7)で [IFC2x3] または [IFC4] を選択します。
  3. プロパティリスト(8)で参照したいプロパティを検索します。
  4. 表示はいに設定すると(9)、見たいセクションが表示されます。セクションを非表示にするには、いいえに設定します。
  5. カテゴリーで表示したいIFCクラス(10)を選択します。
  6. すべてのプロパティを設定したら、OKをクリックします。
  7. 先ほどプロパティセットを有効にしたタイプ/カテゴリのオブジェクトを選択します。(この例では「エネルギー変換装置」)プロパティパネルを開きます。先ほど有効にしたプロパティの項目までスクロールします。
  8. 必要に応じてデータを入力します。(11)
Note: 空間要素のIFCプロパティは、プロパティパネルから追加することもできます。

IFC読み込みのプロファイル

プロファイルをIFCファイルからBricsCADに読み込む際には、IFCファイルにあるプロファイルのプロパティを読み込むか、BricsCADがジオメトリに基づいてプロジェクトおよびセントラルデータベースから対応するプロファイルを探すようにすることができます。プロファイルは、プロパティパネル(12)で適切なプロファイル規格、プロファイル名、プロファイルサイズが割り当てられます。

サポートされているIFCクラス

BricsCAD BIMでは、以下のIFCクラスがサポートされています。これらはBIMCLASSIFYコマンドの分類オプションと同じカテゴリです。

古いBricsCADバージョンと下位互換性のあるIFCクラス:

IfcWall

IfcBeam

IfcColumn

IfcSlab

IfcStair

IfcStairFlight

IfcRamp

IfcRampFlight

IfcRailing

IfcCurtainWall

IfcRoof

IfcBuildingElement

IfcSite

IfcBIMXreference

IfcGridAxis

IfcGrid

IfcAnnotation

IfcWindow

IfcDoor

IfcCovering

IfcFurnishingElement

IfcOpening

IfcDistributionControlElement

IfcDistributionPort

IfcDistributionFlowElement

IfcDistributionChamberElement

IfcEnergyConversionDevice

IfcFlowFitting

IfcFlowController

IfcFlowMovingDevice

IfcFlowSegment

IfcFlowStorageDevice

IfcFlowTerminal

IfcFlowTreatmentDevice

IfcFlowConnectionPoint

IfcMember

IfcFooting

IfcPile

IfcReinforcingBar

IfcReinforcingMesh

IfcTendon

IfcTendonAnchor

IfcPlate

IfcDiscreteAccessory

IfcFastener

IfcMechanicalFastener

IfcSpace

IfcBuilding

IfcBuildingStorey

古いBricsCADバージョンと下位互換性のないIFCクラス:

IfcBuildingElementPart

IfcBuildingElementProxy

IfcDistributionElement

IfcElectricDistributionPoint

IfcElectricalElement

IfcElementAssembly

IfcEquipmentElement

IfcProxy

IfcTransportElement

IfcVirtualElement

IfcActuator

IfcAirTerminal

IfcAir TerminalBox

IfcAir-To-AirHeatRecovery

IfcAlarm

IfcAudio-VisualAppliance

IfcBoiler

IfcBurner

IfcCableCarrierFitting

IfcCableCarrierSegment

IfcCableFitting

IfcCableSegment

IfcChiller

IfcChimney

IfcCivil Element

IfcCoil

IfcCommunicationsAppliance

IfcCompressor

IfcCondenser

IfcController

IfcCooledBeam

IfcCoolingTower

IfcDamper

IfcDuctFitting

IfcDuctSegment

IfcDuctSilencer

IfcElectricAppliance

IfcElectricDistributionBoard

IfcElectricFlowStorageDevice

IfcElectricGenerator

IfcElectricMotor

IfcElectricTimeControl

IfcEngine

IfcEvaporativeCooler

IfcEvaporator

IfcFan

IfcFilter

IfcFireSuppressionTerminal

IfcFlowInstrument

IfcFlowMeter

IfcFurniture

IfcGeographicElement

IfcHeatExchanger

IfcHumidifier

IfcInterceptor

IfcJunctionBox

IfcLamp

IfcLightFixture

IfcMedicalDevice

IfcMotorConnection

IfcOutlet

IfcPipeFitting

IfcPipeSegment

IfcProtectiveDevice

IfcProtectiveDeviceTripping Unit

IfcPump

IfcSanitaryerminal

IfcSensor

IfcShadingDevice

IfcSlabElemented Case

IfcSolarDevice

IfcSpaceHeater

IfcStackTerminal

IfcSwitchingDevice

Ifcシステム家具要素

IfcTank

IfcTransformer

IfcTubeBundle

IfcUnitaryControlElement

Ifcユニタリー機器

Ifcバルブ

Ifc防振装置

IfcWallElementedCase

Ifc廃棄物ターミナル

Ifcアライメント

IfcReferent

構造解析モデルの書き出し

BIMANALYTICALMODELコマンドを使用して、構造のラインモデルを書き出しすることができます。CIS/2またはIFCに書き出しできます。書き出して終了コマンドラインオプションを選択すると、書き出すためのファイル名とフォーマットを選択ダイアログボックスを開き、書き出すファイルの種類を選択できます。

詳細や例については、「解析モデル」の記事をご覧ください。

IFCファイルのマッピングを読み込み/書き出し

BricsCADで IFCファイルを読み込み/書き出しすると、すべての図形がデフォルトのマッピングに従って読み込み/書き出しされます。特殊なマッピングによって要素を読み込み/書き出ししたり、図形を読み込み/書き出しから除外したりすることができます。

さまざまなtxt構成が可能です。

  • テキストマッピングなし
    すべての図形は、デフォルトのマッピングに従って読み込み/書き出しされます。
  • 特殊なマッピングで図形を読み込み/書き出しする
    読み込みの場合は、まずIFCクラスを記述し、その後に図形を読み込むBricsCADクラスを記述します。例:
    IfcWall BimDbColumn
    書き出しの場合、まずBricsCADクラスを記述し、その後に図形を書き出すIFCクラスを記述します。例:
    BimDbWall IfcColumn
    Note: 読み込み/書出しのマッピングファイルにIFCまたはBimDB図形がリストされていない場合、デフォルトのマッピングが使用されます。
  • 読み込み/書き出しから図形を除外
    IFCまたはBimDb図形に続いて「skip」を続けます。
    読み込み例:
    IfcWall skip
    書き出し例:
    BimDbWall skip
  • リストされた図形のみを読み込み/書き出しする
    読み込み/書き出しする図形をリストアップし、次の行に「* skip」を続けます。アスタリスクは、リストにないすべての図形を指します。
    * skip
  • 同一の特別なマッピングによる図形の読み込み/書出し
    アスタリスクの後に、図形を読み込むクラス名を記述します。
    読み込み例:
    * BimDbWall
    書き出し例:
    * IfcWall
  • アスタリスクの使用時に図形をデフォルトでマッピングして読み込み/書き出し
    前述の2つのオプションのいずれかを使用して、リストされた図形を除くすべての図形をスキップするか、特殊なマッピングで読み込み/書き出しを実行した場合、デフォルトのマッピングでは図形を読み込み/書き出しできます。特別なマッピングによる図形の読み込み/書き出しに使用するのと同じテキストを使用します。図形の横に特別なマッピングを書く代わりに、デフォルトのクラスを書くか、 'default'と書いてください。
    読み込み例:
    IfcWall BimDbWall or IfcWall default
    書き出し例:
    BimDbBeam IfcBeam or BimDbBeam default
Note: IFCファイルのマッピングを書き出しで説明されている規則を使用して、読み込み/書き出しマッピングファイルを作成します。

IFCファイルのマッピングを書出し

  1. BricsCADの同様のモデルから始めて、すべての構成要素を分類します。
    Note: 要素が分類されていない場合は、BIMIFYコマンドを実行してモデルを分類します。
  2. この建物はいくつかの建築要素で構成されています。壁、スラブ、ドア、窓などです。
    カスタム書き出しマッピングファイルが作成され、窓、ドア、空間のない建物のジオメトリのみが書き出されます。
    Note: マッピングファイルを使用せずにファイルを書き出しすると、すべての要素がデフォルトのIFCクラスで書き出されます。
  3. 新規にtxtファイルを開き、書き出しマッピングファイルを作成します。ノートパッドのような、ASCIIテキストエディターを使用します。
  4. これらのルールに従って、IFCファイルのマッピングを読み込み/書出しに従ってtxtファイルにテキストを追加します。
    • 書き出しマッピングでは、BimDb図形の後にIFCの図形を書きます。2つの単語を1つのタブで区切ります。IFCのクラスを揃えるために、スペースや複数のTabを使用しないでください。スペースや複数のTabがある行は、書き出しマッピングに使用されません。
    • 1行に1つのコマンドです。
    • BricsCADファイルで複合材が壁にアタッチされている場合、その壁はIfcWallではなくIfcWallStandardCaseとして書き出されます。
    Note: 建物図形が特別なマッピングによって読み込み/書き出しされると、要素のプロパティは新しいカテゴリのデフォルトのプロパティに従って変更されます。
  5. このモデルの書き出しマッピングファイルを作成するためには、txtファイルに2つのカテゴリを追加する必要があります。
    • 窓、ドア、空間を除外します。
      BricsCAD ファイルには通常の窓とカーテンウォールが含まれているので、両方を除外してください。
      BimDbWindow skip BimDbCurtainWall skip BimDbDoor skip BimDbSpace skip
    • 特別マッピングで梁を書き出し
      一部の壁は、現在のBricsCADファイルでは梁として分類されています。これらは壁として書き出す必要があります。
      BimDbBeam IfcWall
    • このリストは次のようになります:
      BimDbWindow skip BimDbCurtainWall skip BimDbDoor skip BimDbSpace skip BimDbBeam IfcWall
    Note: また書き出したい図形を含め、その後に「* skip」を付けたファイルを作成することもできます。これも同じ結果になります。
  6. ファイルをパソコンに保存します。
  7. 書き出したいBricsCADファイルに移動します。
  8. 以下のいずれかを実行します。
    • コマンドラインにSETTINGSと入力し、Enterを押します。BIM > 読み込みと書き出し > IFC > マッピングファイルパスを書き出しに移動します。ブラウザボタンをクリックして、コンピューター上のマッピングファイルを選択します。
    • コマンドラインにIFCEXPORTMAPPINGPATHと入力します。
      プロンプト表示:IFCEXPORTMAPPINGPATH の新しい値 <"">:
      コピー先のファイルのパスをコマンドラインに入力し、Enterを押します。
  9. コマンドラインにEXPORTと入力して、Enterを押すか、またはリボンのBricsCADアイコンをクリックして、[書き出し]を選択し、ファイルを書き出します。
  10. 形式を指定して図面を書き出し リストで目的の.ifcファイル形式を選択し、IFCモデルをコンピュータに保存します。
  11. IFCファイルが正しいかどうかを確認するには、IFCビューアーでファイルを開くか、読み込みマッピングファイルを使わずにBricsCADでファイルを読み込みます。コマンドラインにIMPORTと入力して、Enterを押し、コンピューター上のファイルを選択して開くをクリックします。
Note: 同じワークフローでIFCファイルの読込みマッピングを使用することができます。読み込みマッピングを使用するには、モデルにBIM情報が含まれている必要があります。IFCの各要素に分割されたモデルからスタートします。

IFCへの地理的位置の書き出し

BIMモデルに地理的な位置情報が存在する場合、IFCエ書き出しで当該データの適切な書き出しがサポートされます。

空間的位置マネージャーの[GEOダイアログから地理的位置を使用]ダイアログボックスでは、[地理的位置]ダイアログボックスの地理的位置情報を使用するか、[空間的位置]ダイアログの情報を使用するかを選択することができます。

  • この設定がFalseの場合:[空間的位置]ダイアログの緯度、経度、標高が書き出されます。CRS(座標参照系)は書き出されません。
  • この設定がTrueの場合:
    • IFC2x3:[地理的位置]ダイアログボックスの経度、緯度、標高が書き出されます。
    • IFC4:[地理的位置]ダイアログボックスの経度、緯度、標高+CRS(座標参照系)が書き出されます。

モデル原点

BricsCAD内のモデルの位置は、IFCIMPORTMODELORIGINシステム変数によって異なります。

読み込んだモデルの挿入点を制御します。

0:BricsCADWCSはIFCグローバル座標系に一致します。

1:BricsCADWCSはIFCプロジェクトの位置に一致します。(デフォルト)

2:BricsCAD WCSはIFCサイトの位置と一致します。

グローバル原点、プロジェクトの場所、サイトの場所の位置は、読み込み中に保存され、サイトのプロパティの空間的位置マネージャーで見ることができます。

これらは書き出し時にも使用されます。

色と透明度の書き出しに関するガイドライン

IFC書き出しの際、BricsCAD BIMには、IFCビューアでのモデルの外観がBricsCAD BIMでの外観とできるだけ同じになるように、色と透明度の設定が含まれています。IFC形式の制限により、特定のケースで色や透明度の設定が正しく書き出されないことがあります。次のシナリオを避けてみてください:1つのブロック内で、いくつかのソリッドに対してBy Blockに色を設定し、他のいくつかのソリッドに特定の色を割り当ててください。IFC書き出しでは、By Blockソリッドにブロック参照カラーは割り当てられません。